【アラサー矯正日記】歯列矯正を親に言えなかった話③

矯正日記

こんにちは鈴木です☺
コロナなので2021年2月から表側ワイヤー矯正を始めました!
これから矯正を始める方の参考になったらと思い、矯正の記録や体験談などをブログに詳しく書いています!

今日は歯列矯正を親に言えなかった話の第3弾。ついに最終話です!(笑)
どうやって親に伝えたのか写真付き(?)でお伝えします(笑)

第1弾と第2弾はこちらにありますので、よかったら併せて読んでみてください^^ 

スポンサーリンク

ついに歯列矯正を親に打ち明ける

言おう言おうと思いながらもなかなか言えず、抜歯に下の歯への矯正器具の装着など…どんどんと矯正が進んでいくなか、どうやって伝えたのかというと…

\LINEで伝えました/

(文明の利器に思いっきり頼りましたw)

どんな状況だったかというと、、、

まずは実家へと帰る電車内でいつも通り母にLINEで連絡を入れました。そして、あくまでさらっと矯正をはじめた事を何の前触れもなしに伝えてみました。(笑)
実際のやりとりがこちらです。

いかがでしょう??(笑)

実家へのお土産におはぎを買ったことに合わせてさらっと入れてみましたw大したことじゃないように装ってますが、心臓バクバクでした。(笑)

まだ鈴木には子どもがいないので分かりませんが、自分の子が何の前触れもなくこんなLINEをしてきたら普通は驚くのではないでしょうか??(笑) 

鈴木も母からなんと返信が来るか…ドキドキ…(あ、今思ったけど母も鈴木だった…)

少しして既読になりました。
そして、母からの返信がこちら

おはぎスルーで矯正にのみ反応してきた母。(そりゃそうかw)でも正直、もっと否定的な返事が返ってくるものだと思っていました。

やる必要あるの?!」とか「お金がもったいないじゃない!」とか…(以前のブログでも書きましたが、もう大人なのでもちろん金銭面で親に頼るつもりはありませんでしたが。)

このため少し拍子抜けのような。
でも、とにかくやっっっと言えたことへの安堵でこの後の実家へ帰る電車の中で、それはそれは深い眠りにつきました。(笑)

色々と、本当に色々と心配をしていましたが、”心配事の9割は起こらない”なんて本もあるように本当に鈴木の取り越し苦労だったのかもしれません。(余談ですが、この本のタイトルを見たとき、”1割は起こるのか…”と心配性の鈴木は思いましたw)

とはいえ、実はそんな鈴木の心情を全てお見通しで、すべてを分かったうえでこのように返信してくれたのかもしれません。

とにもかくにも、母よ、否定しないでくれて本当にありがとう。

実際に会っての反応

そんなこんなでまずはLINEでの事後報告をした鈴木ですが、実家に着き親に会うや否や

母「歯どうなってるの??痛くないの??あれ(装置)ついてるの??」

と、興味深々の母でした(笑)

やはりLINEではどんな感情なのか伝わってきませんでしたが、気にしてくれていたみたいです。
このときは既に調整日から時間が経っており、本当に全く痛くなかったので

鈴木「痛くないよ。ついてるよ~(笑)」

と、照れながら少し”いーっ”として器具を見せたのでした。(笑)

ちなみに父はというと・・・

興味なし 

といったご様子でした。(笑)

今後も実家に帰ったら母の手料理をしっかりと味わいたいので、調整日から少し経ってから実家に帰ろうと決意しました。(笑)

感想

矯正を始めてから約2か月間、親に言えずに悶々としていました。(笑)

正確にいえばマウスピース矯正を始めたときから隠していたので、秘密にしていた期間はなんと約1年6か月…!(しかもマウスピース矯正時は実家暮らしw)

マウスピース矯正からワイヤー矯正への移行にあたり、これはバレるさすがにバレる
バレる前には自分から言わなきゃ…そんな思いが日々、頭の片隅にあった1年6か月でした。

もちろん早く言えれば苦労はしなかったのでしょうが、言えなかったのだから仕方ないですね。(笑) でも伝えることができた今、本当にすっきりしました!

今でも母は実家に帰るときやLINEで「歯は大丈夫?順調?」と聞いてくれます。良き母…ありがとう…

「言えてよかった!すっきりした!」
なんてブログを書いてきました。

が、実は抜歯したことまでは言いませんでした

なんだか ”抜歯した” という事実は母には衝撃が大きい気がしたので。今後もおそらく言うつもりはないと思います。バレなければ。(笑) 

鈴木は最終的にLINEで事後報告という手段を取りましたが、ある程度自立しているなら親に言う言わないは自分次第。絶対に言わなきゃいけない、なんてことは無いと私は思います。

他の家庭のことは分かりませんし、こんなことで悩んでいるのは鈴木くらいなのかもしれませんが、もし同じようにご両親などに矯正あるいは矯正ではない他の何かを伝えるか悩んでいる方の参考になったら嬉しいです。意外と自分だけが心配しすぎな場合もあったりしますよね。

長々と3記事にわたって書いてしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。
同じように親に矯正のことをどう伝えるか悩んでいる方の参考になったら嬉しいです^^

矯正がんばりましょう~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました