【アラサー矯正日記】はじめてワイヤー装着してきたリアルな感想

矯正日記

こんにちは鈴木です☺

コロナなので2021年2月から表側ワイヤー矯正を始めました!少し遡る形でブログを書いていますが^^; 今日は始めてワイヤーをつけた時の感想を写真付きでブログに残しておこうと思います。

  • ワイヤー装着したら痛いの?
  • 違和感はある?
  • 発音は?

などなどやっぱり不安がありますよね^^; あくまでも鈴木の個人的な感想にはなりますが、これから矯正を始める方、もうすぐ装置をつける予定の方、などぜひ歯医者に行く前の参考に読んでみてください♪

スポンサーリンク

抜歯~ワイヤー装着まで

前回のブログにも書いた通り、私は2021年2月に左下4番(第一小臼歯)の抜歯をしてきました。矯正歯科からは抜歯後1週間ほど空けてからワイヤーを装着するのが望ましいと言われました。自分の予定とやはり少しでも早く付けたい気持ちもあり…抜歯(2月4日(木))から4日ほど空けた2月9日(火)にワイヤーを装着してきました。

ちなみに、抜歯当日のお話と抜歯した後のことは以下の2つの記事に書いたのでよかったらこちらも参考にしてみてください^^

下側のみ装着(写真あり)

私の場合は、まず下側の装置だけを付けました。つけたてほやほやの写真がこちら!(笑)

抜歯したところが見えるように撮ってみました。

正面からだとこんな感じです。思ったより可愛い気が…(笑) ワイヤー矯正ってもっとギラギラしているイメージがあったのですが、やっぱり技術も進歩しているんですね。

先生曰く「ワイヤーも反射すると白く光るので所謂ホワイトワイヤーより目立たない」とのことです。たしかに。

鈴木、頑張って笑ってみました(笑) まだ下だけなので笑っても全く分からないです!

一緒にランチした職場の先輩からも「してるの知ってたけど気づかなかった!」と言われたくらいです。食べ終わっても口の中は食べカスフェスでしたけどね。(遠い目)

以上、つけたてほやほやのワイヤー写真でした(^ω^)

セルフライゲーションブラケット

さて、冒頭の通り私が付けているのは表側ワイヤー矯正なのですが、ワイヤー矯正でも色々種類があるみたいですね。

私がつけたのは”セルフライゲーションブラケット”という装置です。

実は鈴木が今の矯正歯科を選んだ理由の1つに、”セルフライゲーションブラケット”での矯正を行っている病院であることがありました。

マウスピース矯正に疑問をもって、もう次の矯正でケリをつけたいと思った鈴木は毎日毎日、矯正のことを調べていました。すると、見つけたのがセルフライゲーションブラケットでの矯正だったのです。

鈴木がこのセルライ(と略そう。(笑)あでもセルライトみたい…)に魅力を感じた理由が、こちら!!

  • 痛みが少ない
  • 矯正期間が短くできる(可能性がある)

っえ?!夢のようじゃないか!!

なんと、歯列矯正のデメリットが2つも解消される可能性があるという記事をみつけたのです。(※もちろん個人差はあると思いますので一概には言えません。)

こうして鈴木はセルフライゲーションブラケットでの矯正を行っている矯正歯科をみつけ、なんと幸いなことにとても信頼できる先生だったので今の矯正歯科で矯正を行うことに決めたのです。

矯正歯科の病院選びについては下記のブログもぜひ参考にしてみてください◎

従来の装置との違いについては、もう少し勉強したら別の記事に書きたいと思います♪

装置を付けられている間

正直、先生にされるがままなので何をされていたのか細かくは分かりませんが…下側のみだったので鈴木の病院の滞在時間は大体30分~45分ほどでした。一気に上下付けるとなると倍ぐらいはかかるかもしれませんね。。

まずは歯のクリーニングをしてくださいました。クリーニングが終わると接着剤を使って歯にブラケットを付けていく作業です。痛みは全くないのですが、たまに接着剤の苦い味がしましたね。。今回の作業のなかでは、このブラケットを歯に接着する作業が一番長かったと思います。

ブラケットが付いたらワイヤーです。先ほど歯に着けたブラケットにワイヤーを通していく作業です。この作業に関してはあっという間だった気がします。

鈴木の場合は、合間でうがいをさせてもらえたりと終始口を空けっぱなしではなかったですが、やっぱり少し顎が疲れました^^;

ワイヤー装着後の率直な感想

うん、違和感 しかない。

下唇の内側になんかプツプツといる感じ。やっぱりこれは慣れが必要なんだな~って思っておきました。ですが鈴木は発音に関してはなんの問題もなく普通に喋れました。 

裏側矯正だとこれがネックといいますよね。異物があるので少し喋りにくさはありましたが、恐らく周りの人から聞いたら問題ないレベルで喋れていたと思います。次の日も仕事だったので、発音のことは少し不安があったのですが、たいしたことなくて良かったです。

歯の磨き方の説明など

どこの矯正歯科でも行うのではないかと思いますが、装置が付け終わったあとは先生から歯の磨き方の説明がありました。装置の部分に食べカスなどが溜まりやすく、虫歯になりやすいようです。

タフトブラシと歯間フロスをいただきました。今までタフトブラシも歯間フロスも使ったことがなかったのですが、幸いどちらもドラッグストアに置いてありました。楽天にもあるので、楽天経済圏の方はぜひ楽天でポイントを貯めてください(笑) 

鈴木はこちらのタフトブラシを楽天で買ってみました◎ <やわらかめ>を購入しましたが、思ったより硬めでした。ブラシが山型になっているので使いやすかったです!

歯間ブラシはこちら

痛みはあるのか?

付けた当日はそんなに痛くありませんでした。先生からも「付けてから2、3日後のほうが痛い」と言われていたので当日は余裕こいていたのですが、全く痛みが無い!ということでもありませんでした(^ω^;) ただ、基本的に食事以外のときは痛みは無かったですよ。それよりも当日は違和感のほうが大きい感じでした。

次の日にはもう食事が苦痛になるほど痛くなりましたけどね…泣

ワイヤー装着後の食事

私は仕事帰りに付けてもらったので、残すは夕飯のみという状態でした。この日は安全策として”鍋”にしてみました。付けてからそんなに時間が経ってなかったのもあり、あまり痛みは感じませんでした。ただ、思わぬ死角が…

何かというとキノコ類です。

鈴木はだいたいの鍋には「しめじ」と「えのき」を入れるのですが、どちらもまぁ見事にワイヤーに引っ掛かり、えのきなんてもうワイヤーに巻きついちゃってる!

キノコ類に限らず、やっぱり食事のしにくさは酷い!(笑) とある矯正中のYouTuberさんも言っていたのですが、食事した3分の2は装置につまってる。本当これ。しめじなんて歯で噛まれるのを上手く逃げてそのままの形してワイヤーに引っ掛かっていやがる…

装置に挟まりにくい食べ物ってなんだろう…オススメメニューなんかが思いついたらまたブログに書きますね(^ω^;)

歯磨きがとにかくめんどい

違和感の次に印象的なのがコレです。もう、とにかくめんどくさい。先の通り、装置に挟まりまくるのでブラケット周辺に食べカスが詰まったり、ワイヤーにはえのきが絡みついていたり…まるでゴミ屋敷を掃除するかのような大掃除です。

慣れるまでは食べると 歯磨きが面倒くさい&歯が痛い で食事が憂鬱な時期もありました…。このため間食はもちろん食事を抜いたりもして、矯正で痩せるってコレか…

と思ったのもつかの間。慣れた今ではガンガン間食もしてますので皆さんご安心を!大丈夫です。食べたらちゃんと歯を磨けばいいのです。

でも、甘いものを食べて磨き残しなどがあると虫歯のリスクは上がりますので、歯磨きは念入りにしてくださいね。

100均でも売っていると思いますが、ハンドミラーがあると口内がよくみえて歯磨きが少し楽になりましたよ!私は折角なので気分が上がるよう韓国ブランドのハンドミラーを購入しました(^ω^)

あとは、気分によって使う歯磨き粉を変えるのも気分転換になってオススメです!少しでも面倒な歯磨きタイムを楽しく♪歯磨き粉のことは追って別の記事に書きたいと思います!

おわりに

今日は、下側だけワイヤーを装着してきた感想をメインにブログを書きました!これからワイヤー装着を装着する方の参考になったら嬉しいです^^ 装置つけたての頃は違和感があったり痛みがあったり、色々不便なことはありますが…大抵のことは少しすれば慣れてきますよ!

鈴木もまだまだ矯正ライフが始まったばかりなので、一緒にがんばりましょう☆

そんな鈴木の今後の矯正スケジュールはこちら! (公演情報みたいな(笑))

  • 3月27日(土)上4番抜歯
  • 4月10日(土)上側ワイヤー装着

次で今のところ最後の抜歯です。下の歯抜いてるけどやっぱり怖いw上の装置もやっぱり違和感ものすごいんだろうな…色々心配はありますがまずは上の歯の抜歯、がんばってきます!

ということで、また報告しますね^^ 最後まで読んでいただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました