韓国の制汗剤【ノースウェット】脇汗が止まる夏の必需品

韓国

こんにちは鈴木です☺

暑くなってくるとが気になりませんか?
もともと汗っかきだったのですが、
コロナ禍になって汗をかく頻度が少なくなったからなのか、冬でも脇汗をダラダラとかくようになってしまいました…。
暑くないのに洋服の脇部分だけ汗ビチャ。泣

多汗症ではないかと思い一度病院に行こうとしました。

過剰に汗をかく病気を「多汗症」と言います。多汗症は、全身の汗が増加する全身性多汗症と、手のひら、足の裏、脇、顏など、体の一部に汗が増える局所性多汗症があります。

DoctorsFile(https://doctorsfile.jp/medication/458/)


が、やっぱり病院に行くって少しハードルがある。
病院に行く前にインスタでも見かけたことがあった韓国の制汗剤ノースウェットを試してみることにしました。

このブログでは、韓国の制汗剤ノースウェットの紹介と実際に使用した感想を記載しています◎
汗で悩んでいる方に超おススメの商品なので読んでいただけたら嬉しいです^^

スポンサーリンク

韓国の制汗剤【ノースウェット】とは

ハングルでは노스엣(센스)と表記します。

ノースウェットは
新新(シンシン)製薬(ハングル:신신제약)という会社の製品です。
絆創膏や湿布などたくさんの医薬品を販売しています。

ノースウェットには下記の2種類があります。

  • ノースウェット
  • ノースウェット センス

ノースウェットとノースウェットセンスの違いは、名前の通りノースウェットセンスが敏感肌用となっています。
主成分である塩化アルミニウムが通常のノースウェットと比べ少なく配合されているようです。
ノースウェット:20%
ノースウェットセンス:12%

ノースウェットはノースウェットセンスよりも
汗を止める効果が高い製品と言えます。

ノースウェット、ノースウェットセンスどちらも
無着色、無香料、防腐剤不使用で安心して使用できます。

韓国人の間でもとても人気な商品のようです!

韓国の制汗剤【ノースウェット】が届いた

ノースウェットの使用は初めてだったので、
ピンクの敏感肌用【ノースウェット センス】を購入してみました。

開封するとパーツがバラバラになっています。

ローラーを液体の入った本体にはめます。
が、硬くてはまらない…

力を込めてなんとか押し込みました。

説明書も同封されています。
色付きの説明書って珍しい気もします。

箱の側面には使用方法が記載されていました。

残念ながら日本語の説明はありません。

韓国の制汗剤【ノースウェット】使い方

韓国語で記載されているノースウェットセンスの使用方法です。

  1. 就寝前の夕方、汗が出る部分を綺麗に洗います。
  2. ドライヤー等で水気が無くなるまでよく乾かします。
  3. 汗を抑えたい部分にノースウェットを塗ります。
  4. 翌朝、ノースウェットを塗った部分を洗い流します。

※発汗が止まるまでは毎晩1度ずつ使用し、症状が良くなった場合は一週間に1~2回使用します。

日本のドラッグストアで売っている制汗剤だと
だいたいは出かける前などに塗りますよね。
ノースウェットは夜シャワーを浴びたあとに塗ります。
ちょっと不思議な感じ。

(私は翌朝に洗い流すのをよく忘れてしまいます…)

韓国の制汗剤【ノースウェットセンス】肌への刺激はあるか?

ノースウェットセンス使用後の刺激ですが、
少しかゆみを感じました。

ノースウェットの主成分である塩化アルミニウムは汗(水分)と反応し汗腺を塞ぐことで汗を抑えてくれるのですが、肌への刺激となってしまう場合があるのです。

私の場合、脇にノースウェットセンスを塗付してからだいたい30分~1時間経過後、塗った部位がムズがゆくなってきました。
痒くて耐えられない…!
というほどではありません。
個人差があると思いますが、蚊に刺されよりは全然痒くありませんでした。
汗が抑えられると思えば楽勝です。(笑)でも痒いは痒い。

塗った翌朝に洗い流すことを結構な頻度で忘れてしまいましたが、(←)
翌朝になってから痒みを感じたことは今のところありません。
しかし、長時間の塗布は刺激になる可能性があるので、気づいたときは汗拭きシートで塗布部分を拭ったりしています。

今回使用したのはノースウェットセンスなので、通常のノースウェットだともう少し刺激があるかもしれません。

Qoo10でよく見かけるパースピレックスはご存じでしょうか?

こちらはデンマークで誕生した医療用の制汗剤のようです。
パースピレックスも人によっては塗った部位が痒くなるなどの症状が出る場合があるようなので同じ使用感かもしれません。

韓国の制汗剤【ノースウェット】使用した感想

結論から言います。
日本の制汗剤とは比べ物にならないほど良い

です。(笑)

多汗症のようになったのは今回が初めてでしたが、今までも夏は汗に悩まされてきました。
日本のドラッグストアで購入できる制汗剤を色々と試しましたが、ノースウェットセンスのように汗がピタリと止まるものには出会ったことがありません。

そもそも日本の制汗剤は汗を止めるというよりは、臭いを防ぐことを目的としているかもしれません。
制汗剤を使用しても汗が止まるわけでは無いので、汗をかくと臭いが気になる気がして夏は気が気じゃない。
職場でもトイレに行くたびに脇の臭いチェック。そして汗拭きシートで拭いていました。

ノースウェットセンスの使用方法を見ると、最初のうちは毎日塗るというように記載がありますが、脇に関しては1度塗っただけで全く汗をかかなくなったので暫く塗らずに様子をみました。

私は1度塗っただけでも4~5日くらいは効果が続いていた気がします。不思議なのですが脇だけサラサラなんです。でも永遠ではないのでまた塗ります。

冬でも汗ダラダラだったのが信じられない。
何もしなくても汗で脇だけ湿っていたあの頃…本当に買ってみてよかった。
汗をかかないので汗の臭いも気にならなくなりました。

韓国の制汗剤【ノースウェット】購入場所

韓国では薬(약)と書かれた薬局で購入できるようです。
↓のようなお店ですね。

韓国の薬局

韓国では日本のようにドラッグストアで医薬品は購入できないようです。
なのでオリーブヤングでは買えないみたいです。
私もまだ入ったことはないのですが、韓国ドラマでは白衣をきた薬剤師さんがいらっしゃるようでした。

とはいえなかなか韓国に行けないですよね。
ノースウェットはQoo10でも購入が可能です。
汗で悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょう?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は韓国の制汗剤ノースウェットを紹介してみました◎
効果が絶大で汗による悩みを解決できる商品だと思います!

今回試したノースウェットセンスはピンクのパッケージなので女性用というイメージがあるかもしれませんが、ノースウェットのCMは男性が宣伝されています。
汗が気になる男性にもおススメの商品です!

Qoo10から簡単に購入可能なので、汗で悩んでいる方はぜひ一度試してみてください◎

読んでいただきありがとうございました~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました